美容皮膚科による血液クレンジング

ヨーロッパの血液クレンジング事情

美容に関する基礎知識血液クレンジング美容皮膚科というと、美容にのみ効果があると
思われがちな施術方法ですが、ヨーロッパでは血液クレンジングを
様々な病気の治療方法として活用しています。

血液クレンジング美容皮膚科で検索すると様々な病院が出てきますが、
ヨーロッパでは専門病院などもあるちゃんとした治療方法だとされています。

血液クレンジング、またはオゾン療法ともよばれているこの施術は
イギリスのエリザベス女王の母クイーンマムが週に2回受けていた
治療方法だともされており、彼女は大きな病気をすることもなく
長生きをしたということから注目されているのです。

施術ヨーロッパでは40年ほど前から行われていたとされており、病気によっては保険適用されています。
がん治療やウイルス疾患、眼科疾患や真菌感染症、慢性腎不全など
保険適応されている病気は多岐にわたります。

この方法は、血液を採取してオゾンガスを混合します。
オゾン化した血液を体内に点滴で戻すことによって様々な効果が得られます。

この血液には強い酸化作用があります。酸化作用のあるオゾン化した血液が
体内に入ることによって、体はそれを排出しようとすることで抗酸化作用を活性化します。

抗酸化作用が高くなることで、血液がドロドロの原因になってしまう活性酸素を除去することにつながります。

血液がサラサラになることによって免疫力を高めることができ、
病気などを改善していくことが期待できます。

他にも、血行が良くなることでの冷え性の改善や肩こりの解消、疲労回復などにも効果を発揮します。

血液クレンジング

体の隅々に栄養や酸素も行き渡らせやすくなることで代謝を高めることができ、
細胞を活性化することでのアンチエイジング効果やダイエット効果などの
女性に嬉しい効果を得ることができます。

日本では一般的に美容皮膚科などのクリニックで行われており、
保険適用されていないためクリニックによって料金も異なります。

自分にあったクリニックで行うことが大切です。

 

ウイルス、細菌、真菌、寄生虫…意外と知らない「病原体」の違い

病原体は病気を生み出す生物を指し、大きく分けて病原微生物と寄生虫に分かれます。
病原微生物の中でも分けることができ、原核生物と真核生物、ウイルスに分けられます。

これらの違いは大きさや構造、増え方、治療法などにあります。
大きさでいえばウイルスが一番小さく、生物の細胞における標準の大きさと比べても1000倍も異なることが言われています。

構造を見ても、ウイルスは核酸とそれを包むカプシドで構成されているのに対し、最近などは細胞膜と細胞壁で構成されており、
構造を見ても明らかな違いが見られます。

増殖の仕方にも違いがみられ、ウイルスは細胞の中に飛び込んで増えるのに対し、最近は独自で増えることができます。
真菌になると菌が枝分かれをするように増えていくなど、それぞれで大きな違いがあります。

それに合わせて治療法も存在しており、ウイルスの場合には細胞膜がないために直接的な攻撃が難しく、免疫機能に働きかける
ようなものが多いです。

一方で細菌や真菌は直接働きかけるように攻撃ができるので、治療法も充実しています。
寄生虫は虫そのものを取り出せばいいので、治療法としては簡単です。ただ体の中で大きくなった際に取り出すのは大変です。

血液クレンジングという施術方法は血液に直接働きかけるやり方であり、効果を実感しやすいのが特徴です。
細胞を活性化させることでアンチエイジングにも効果があると言われていますが、細胞に直接働きかけることが一番病原体を
撃退するには一番であり、ウイルスがいかに厄介かがわかります。