美容皮膚科による血液クレンジング

血液クレンジングの副作用

美容に関する基礎知識血液クレンジング美容皮膚科では100ml~250mlくらいの血液を採取し
その血液にオゾンガスを混ぜて綺麗になった血液を再び体内に戻すという施術です。

血液にオゾンガスを混ぜると真っ赤な色になるため、血液が綺麗になったように感じるでしょう。

この施術は血液を綺麗にして酸化を防止するというものであり
さまざまな病気の予防やアンチエイジングに効果が期待できると言われています。

また、血液の流れが改善されることにより、肩こりの解消や疲労回復、
冷え性の改善などにも効果が期待できるということです。

しかし、血液を利用する施術なので副作用などが心配な人もいるでしょう。
オゾンガスと聞くと行けんなイメージがあるかもしれません。

しかし、これはもともと自然に存在するものですし、正しい方法で使用すれば安全と言われています。

また、とても不安定な気体なので発生してしばらくすると酸素に変化してしまいます。
酸化力がとても高いという特徴がありますが、空気よりも重いので
このガスをそのまま人間が吸い込むことはほとんどありません。

また、血液クレンジング美容皮膚科ではしっかりと密閉された容器を使うことになります。

そのためガスが肌に直接触れることはありませんし、血液と混ぜた時に
分解されてしまうため、体内にオゾンガスが入ってしまうことはありません。

そのため安全性の高い施術であると言えるでしょう。
血液クレンジング美容皮膚科を受けたら気分が悪くなったという口コミもありますが
そのような人は血を見ることが苦手な場合や注射が苦手な場合がほとんどです。

血や注射が苦手な場合、リラックスしてから施術を受けるようにしましょう。
また、特定の病気の人や妊婦などは施術を受けられないこともあるため
カウンセリングの時などに聞いてみるのがおすすめです。

血液クレンジング美容皮膚科はヨーロッパでは広く行われていますが
日本ではまだあまり広まっていません。

そのため施術を受ける時には保険が適用されないことを知っておきましょう。