美容皮膚科による血液クレンジング

おすすめな人

美容に関する基礎知識

冷え性や頭痛で体が重い、体に悪いところはないのに疲労気味。
そんな方に血液クレンジングの注目度がアップしています。

この治療は血液クレンジング美容皮膚科で受ける事ができ、
症例もどんどん積み上がり効果や実績が期待できる治療です。

血液クレンジングはオゾンを用いた様々な治療法でヨーロッパで
主にされており、エリザベス女王の母が老化防止の為この治療をした事で
イギリスで注目され、ドイツでは何と保険適用もされている程ですので
信頼のある治療法と言えます。

治療治療は血液クレンジング美容皮膚科で行われ、まず血液を100から200ml程度採取します。
その後血液を採取した容器にオゾンを注入します。

オゾン投入後の血液はだんだんと鮮やかな色に変化し、その血液は
抗酸化力に優れた血液に生まれ変わります。

そしてその血液を点滴と同じ要領で体内に戻していきます。
その後は様々な効果が現れてきます。

まず、特に冷え性の方は個人差はあるものの体がポカポカと感じてくるでしょう。
また頭がスッキリと感じたりエネルギーが体内から湧いてやる気が出てくる方もいます。

血液を綺麗にする事で免疫力が向上するので、病気の回復力向上や
活力の改善が期待でき、疲労しにくい身体づくりにしてくれます。

多血症とは?どんな疾患?治療方法は?

多血症と聞いて、それは一体どんな病気なのだろうと考える方も少なくないでしょう。

一言で言って多血症とは、血液中に含まれている赤血球量が絶対的、
もしくは相対的に増えてしまう状態のことで、赤血球増加症とも呼ばれているものです。

一口に多血症と言っても、それは単に一つの疾患のことを意味しているわけではなく
様々な疾患や状態を含む一つの概念と考えることができるのです。

では、多血症とは一体どのような疾患なのでしょうか。

例えば、赤血球量そのものは増えていなくても、血漿が減ってしまうために
相対的に赤血球が増加した状態の相対的多血症と呼ばれるものがあります。

このように血漿が減少してしまう原因としては、体内の水分を喪失する
脱水症状や、喫煙やストレス等が挙げられています。

このように多血症は、様々な原因や疾患によって引き起こされる状態のことであるため
その治療方法に関しては、一概に述べることはできないというのが実情です。

基本的に、真性多血症と診断された場合は瀉血や化学療法などが治療に用いられますが、
相対的多血症などの場合は赤血球増加症を引き起こしている原因を探り、
その原因を解消することが根本的な治療方法となるでしょう。


効果を感じる改めて血液について考える

血液クレンジングはまず、疲労感を常に感じていたり冷え症やむくみ、
頭痛や肩こりなどの慢性症状や体調不良になりやすい免疫力が弱いと
感じる方に効果が期待できます。

次にアンチエイジングや美容効果も期待できるので健康的なダイエット、
若く見られたい、肌の調子をよくしたいといった悩みにも効果が期待できます。

他にも血管、血液のトラブルになりがちな悪玉コレステロール値が高い場合や
動脈硬化、尿酸値の高い場合や糖尿病などの成人病の改善も期待でき、
また免疫機能上昇が見込まれる事から癌治療中の方や癌予防したい
といった需要にも有効な治療です。

オゾンというとどうしても副作用や体に毒なのではないかと感じるかもしれませんが、
血液と混ざる事で酸素や過酸化脂質代謝物に変化しますので、体内に血液を戻す際に
毒性は一切ありませんので安心です。

病気ではないのに疲れやすいとどうしても他人に理解が得られず苦労も多いものですが
血液クレンジングを受けて免疫機能を強化すれば疲労感も改善されてきますので
オススメの治療法です。