美容皮膚科による血液クレンジング

血液の働き

美容に関する基礎知識血液は体内を隈なく循環し、全身の細胞へ栄養や酸素を運び、
老廃物を回収する働きがあります。

筋肉や肝臓などで発生した熱を全身に伝え、体温を維持しているのも
血液の大事な役割です。

その血液がドロドロの状態になると、細胞に栄養や酸素が届きにくくなり
老廃物も上手く排出されず、体内に蓄積されてしまいます。

さらに、血液がスムーズに流れないと、血管を傷つけることもあり
血管の劣化が進む一因となります。

つまり、血液が上手く流れないため、細胞が栄養不足や酸欠の状態になり
体内の機能や代謝が衰え免疫力の低下に繋がるのです。

そのため、インフルエンザなどのウイルスに感染しやすくなったり
疲れがとれにくくなったります。

また、ドロドロの血液は血管に詰まりやすく、血管が脆くなることも加わって
脳梗塞や心筋梗塞などの脳疾患や心疾患を引き起こすリスクが高くなります。

血液をサラサラの状態にするために、有効なのが血液クレンジングです。
日本では馴染みの少ない療法ですが、ドイツをはじめとするヨーロッパでは
難病の治療にも用いられるなど広く知られています。

 

医師国民全員が加入!充実しているとドイツの医療制度とは?

ドイツでは国民全員が健康保険に加入します。
保険には2種類あり、保険料が収入の14.90%と決められている公的保険に85%が加入しています。

公的保険会社は200社あまりありますが、保険料が同じなので
各保険会社のサービスを比較してどこでも自由に選べます。

子供の看病で親が仕事を休んだ場合は、親1人ごとに年に10日まで、
休んだ分の収入の7割を保険会社が補填してくれます。

プライベート保険は年齢が上がるごとに掛け金が上がりますが、直接医局長の診断を
受けることができたり、病院での待ち時間が短くて済むというメリットがあります。

プライベート保険に加入する際に注意する点は、病歴・年齢・収入によって
加入できない場合もあることと、一度プライベート保険に加入すると
公的に戻ることができないということです。

ドイツでは、各家庭がホームドクターをもっていることが一般的です。
病院に行く場合は、まずホームドクターの診察を受け、必要があれば
支払い証明書と紹介状を持って専門医や他の病院を受診します。

ホームドクターに紹介された病院が気に入らないときは、自分が加入している
保険会社が契約している他の病院であれば行くことができます。

医療費は、3か月ごとの初診時に10ユーロ支払いますが、
その期間中は何度でも通院治療が受けられます。

他の病院や診療科目が違っても自己負担分は支払う必要はありません。
通常は保険の対象ではない高価な医療用具なども、医師が必要性を記載した
書面があれば、保険でカバーしてもらうことも可能です。

子供は少なくとも18歳までは医療費・薬代が無料です。


代謝アップ日本でも浸透し始めた血液クレンジング


血液クレンジングは、自分の血液を少量採取して、酸素をたっぷりと含んだ
医療用のオゾンを加え、血液を浄化し点滴の要領で体内に戻すオゾン療法のひとつです。

日本では、専門の血液クレンジング美容皮膚科などで治療を受けることが可能です。
血液がサラサラになると、酸素を含んだ血液が全身を循環し細胞が活性化します。

体内の循環が良くなると、冷えやむくみ、肩こりなどの慢性的な不調の改善にも
効果的ですし、自然治癒力が向上することで感染症にかかりにくくなり
病気の予防にも繋がります。

血液クレンジングは、自分の血液を使用するため副作用がなく
安全性の高い治療法です。

代謝がアップするのでアンチエイジングの効果も期待されます。
美容と健康維持のためにはサラサラで良い状態の血液が欠かせません。

血液クレンジング美容皮膚科で血液をサラサラにして、いつまでも美しく健康で過ごしましょう。